Cost an arm and a leg

Ebinstein

英語ネイティブになりたいEbinstienです。

今まで50カ国ほどバックパッカーしてきました。しかし、職につき旅に出ることもなくなり、英語から離れは十数年。

ところが職場の隣にカナダ人が座ることになって、時々?かなり?飲みに行くようになりました。

でも、ネイティブ同士の会話になるとわからなくなってしまうことがありました。もちろん今でも。

目次

Cost an arm and a leg

数年前、私が英語を勉強し始めた時の会話です。隣の席のカナダ人と話をしていた時です。

Ebinglish

今までどれくらいの国に行ったの?

Ebinstein

50カ国くらいかな?結婚式はタヒチだったかな。タヒチは高かったよ。

Ebinglish

Yeah. It costs an arm and a leg.

Ebinstein

な、何?

costs an arm and a leg = すげーお金かかっただろ!

Cost a fortune

同じような表現に、Cost a fortuneというのがあります。

Cost a fortune =莫大なお金がかかった

この時、やっぱり実際に英語を使っていかないと英語は勉強にならないな、と思いました。

そして、単に英語をテキストで聞いていてもネイティブ同士の会話は聞き取れないことに気がつきました。

そんな時に隣のカナダ人がよく使う表現を250語ほどまとめてくれました。

note(ノート)
ネイティブ同士の会話が理解できない|ebinstein|note 中学高校と英語を勉強してきたが、「話すどころか、聞いていても全くが理解できない。」 そんなことはないだろうか?もし私に話しかけてくれているなら、少しは分かる。 ...
Ebinstein

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる