【IELTS listening】IELTS5.5→7.0の私が実際にリスニングに使った対策を紹介

IELTS
ebinstein
ebinstein

こちらの記事では、IELTSリスニングの対策法を紹介しています。
IELTSだけでなく、そもそもの英語力向上につながりますので、是非チャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク

IELTSの概要

IELTSとは、世界140カ国、10,000以上の期間が認定し、年間300万人以上が受験しています。

Amazonで見るいわば、英語テストのグローバルリーダーともいえるテストです。

TOEFLは北米、IELTSはヨーロッパという印象がありますが、そうでもなくなってきています。

IELTSは、アイビーリーグを含む約3,000の高等教育期間で認定されています。

IELTSとTOEFLを比較してみましょう

L, R, W Speaking
IELTS 記述式 対面面接
TOEFL PCでのクリック
タイピング
マイクで吹き込み

2つのIELTSアカデミック

IELTSアカデミックには2種類あるのをご存知ですか?

普通の”IELTS“と”IELTS for UKVI“です。

IELTS IELTS for UKVI
運営 英語検定協会、IDP ブリティシュ・カウンシル
試験会場 全国14都市 東京、大阪のみ
試験内容 内容、形式、時間、難易度、採点基準どれも同じ
受験料 25,380円 29,400円
その他 パスポート確認、写真撮影
指紋スキャン
パスポート確認、写真撮影
指紋スキャン、試験録画

IELTS for UKVIの方が高いし、全国で2会場しかないけど、それなりのメリットがあるんです。

条件付き入学のpre-sessionalコースやFoundationコースで入学前に英語を鍛えたい場合はIELTS for UKVIしか認めてくれません。

普通のIELTSでは、条件付き合格もらったら、合格までになんとしても指定されたスコアを超えないといけませんが、IELTS for UKVI を受験していれば入学前に現地でpre-sessionalコースを受けて合格すれば大学に入学できます。

申し込み手続き

IELTSテストの申し込み期限は19日前の正午まで申し込みが可能です。

じっくり予定を立てて計画して勉強しているのに、直前まで仕事がどうなる分からない社会人にはとっても良い条件ですね。

ebinstein
ebinstein

これはIELTSの良いところですね。

受験当日の注意

  1. 当日に有効なパスポートが必要
  2. 顔写真と指紋を取られる
  3. パスポート、鉛筆消しゴム、透明のペットボトル以外はもちこめません。(預けることになります。)

かなり厳重になっている感じです。

私の受験した感じだとTOEFLやGRE受験の時よりもしっかりと厳重に検査されている印象を受け巻いた。

受験当日のスケジュール

時程 受験内容
〜8:50 受付:本人確認、写真撮影、指紋スキャン
9:20〜10:20 ライティング
10:30〜11:30 リーディング
11:40〜12:20 リスニング
休憩
13:00〜 スピーキング(11〜14分)

 

IELTS受験日の当日の流れについては、公式HPにもでていますので、受験前には必ず確認してください。

  • IELTS対策はこれ1冊で十分
  • この1冊でOA6.5を超えることができます。

必読 amazonで確認する

リンク先:https://www.amazon.co.jp/

劇的に解けるようになる!IELTS対策の必読書。 

テスト内容

Writeing
(60分)
Task1:グラフや図を文章にまとめる問題(客観的に要約する力)150語以上
Task2:与えられたテーマに対して意見をまとめる問題(論理的にまとめる力)250語以上
Reading
(60分)
新聞・雑誌・書籍などの問題:3題 40問
(合計2,000〜2,750語の長さ)
Listening
(30分+10分)
Section1&2:日常生活
Section3&4:講義・セミナー・会話・モノローグ
リスニング30分、回答の書き込み10分
Speaking
(11-14分)
1対1の面接形式
Part1:受験者の家族等についての一般的な質問
Part2:与えられたトピックでのスピーチ(準備1分、スピーチ2分)
Part3:Part2での課題に関した内容のディスカッション

IELTSリスニンテストの概要

時間 内容
Section1(10分) 主に日常生活 複数の話者による会話形式
Section2(10分) 主に日常生活 モノローグ(1人の話者)
Section3(10分) 大学の講義やクラスでのディスカッション。
アカデミックな内容。
複数の話者による会話形式
Section4(10分) 大学の講義やクラスでのディスカッション。
アカデミックな内容。
モノローグ(1人の話者)
転記 解答を転記する時間あり。

アカデミックモジュールのバンドと正解数

リスニング

正答数 バンドスコア
39-40 9.0
37-38 8.5
35-36 8.0
32-34 7.5
30-31 7.0
26-29 6.5
23-25 6.0
18-22 5.5
16-17 5.0

リーディング

正答数 バンドスコア
39-40 9.0
37-38 8.5
35-36 8.0
33-34 7.5
30-32 7.0
27-29 6.5
23-26 6.0
19-22 5.5
15-18 5.0

Listening(リスニング)時の注意

リスニング時の注意

  1. リスニング前にすること
  2. リスニング中にすること
  3. リスニング後にすること

それぞれ注意して行うことがあります。

では見ていきましょう。

Listening(リスニング)前にすること

予測する

IELTSではナレーターが”You will hear a telephone conversation between a car salesperson and a customer.”と読んだ後に、問題が読まれる前に30秒ほど時間があります。このときに先読みをするわけですが、単に先読みをするわけではありません。

ebinstein
ebinstein

問題1〜問題5の内容を読んでこれから読まれる会話文の内容を予測すんです!

予測の方法

  1. 状況の推測(誰が、どこで、なぜ、何を)
    Situation(Who,Where,Why,What)
  2. 語彙の推測(トピック、共通していること、言い換え)
    Vocabulary(Topic,Common word,Paraphrase,)

①②を考えてから問題文と聞くだけで随分とアドバンテージを得ることができると思います。

例えば、ナレーターが次のように話ととします。

A:You will hear a telephone conversation between a car salesperson and a customer.

ebinstein
ebinstein

engine、car、model、delivery、buying something、complaining about poor serviceなどが読まれるのかな?

など予測します。

また

問題 Number of employee (11)

11に入る数字を答える場合は

問題文
  • Number of employee
言い換え
  • BCD employs….
  • we employ….
  • company has grown to….
  • how many…. staff
  • he total size is…
  • how large…. workforce
  • size of workforce

などと言い換えて言ってくることを想定していてください。

Listening(リスニング)中にすること

リスニング中は2問先を読もう!
11番の問題が終わったら、すぐに次の問題とその次の問題に注目して(予測して)準備してください。
分からなくても絶対に跡を引かないようにしてください。
  • IELTS対策はこれ1冊で十分
  • この1冊でOA6.5を超えることができます。

必読 amazonで確認する

リンク先:https://www.amazon.co.jp/

劇的に解けるようになる!IELTS対策の必読書。

IELTS対策のオンライン学習

職場の私の隣の席はカナダ人です。そのため分からないことや、英作文をチェックしてくれます。

このこともIELTSで結果を出せた原因かと思います。

ですが、通常はそんなことはないですよね?

そんな人にオススメなのが、オンライン学習です。

結果を出したことで、少し自信が出たので、2つほどオンラインIELTS対策を試してみました。



英文を書いて、添削してもらってから英会話に移ります

よって正しい英語を話す、覚えることが出来るんです。

私は、正直、もっと早くBest Teacherを知っておけば良かったと後悔しました。私が話している英語は間違いだらけの英語で、隣のカナダ人が理解してくれるけど、普通に話している場合は直してくれません涙

だから、正しい英文を教えてもらってから、常に正しい英語で会話するBest Teacherは本当にもっと早くにやっておけば良かったと後悔しています。

 

もう一つ!私の大学の後輩が実際に使用していて、紹介されて最近私がやったものです、mytutorです。



 私の後輩が、ずっとmytutorで学習していて、「BestTeacherより先生がフレンドリーだったから選んだ」と言っていました。

確かに、フレンドリーさは伝わってきますね。

その後輩はmytutorで学習すること半年。昨年イングランドに留学しました。留学する前の一言が

馬鹿でも、頑張れは留学できること証明しました。

英語以外はできるんだけ、英語だけがずば抜けてできなかったんですが、なんとかmytutorのおかげで留学できて良かったです。

まとめ

IELTS スピーキングの対策をにまとめてみました。

しっかりと正しいやり方で何回も練習して下さい。

どうも、@Ebinsteinでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました