Cambridge IELTS 14 Reading Test3 Passage 2 「Saving bugs to find new drugs」の全訳と注意するべき単語

IELTS
ebinstein
ebinstein

どうも、Ielts対策をしているEbinsteinです。今回は私がIeltsの勉強をしていて、結構間違えたな、と思う所を備忘録として残しておきます。少しでも皆さんのお役に立てれわ幸いです。

スポンサーリンク

Cambridge IELTS 14 READING PASSAGE 3『Saving bugs to find new drugs』

READING PASSAGE 2
You should spend about 20 minutes on Questions 14-26 which are based on Reading Passage 2 below.
Saving bugs to find new drugs
Zoologist Ross Piper looks at the potential of insects in pharmaceutical research
A
More drugs than you might think are derived from, or inspired by, compounds found in living things. Looking to nature for the soothing and curing of our ailments is nothing new – we have been doing it for tens of thousands of years. You only have to look at other primates – such as the capuchin monkeys who rub themselves with toxin-oozing millipedes to deter mosquitoes, or the chimpanzees who use noxious forest plants to rid themselves of intestinal parasites – to realise that our ancient ancestors too probably had a basic grasp of medicine.
B
Pharmaceutical science and chemistry built on these ancient foundations and perfected the extraction, characterization, modification and testing of these natural products. Then, for a while, modern pharmaceutical science moved its focus away from nature and into the laboratory, designing chemical compounds from scratch. The main cause of this shift is that although there are plenty of promising chemical compounds in nature, finding them is far from easy. Securing sufficient numbers of the organism in question, isolating and characterizing the compounds of interest, and producing large quantities of these compounds are all significant hurdles.
C
Laboratory-based drug discovery has achieved varying levels of success, something which has now prompted the development of new approaches focusing once again on natural products. With the ability to mine genomes for useful compounds, it is now evident that we have barely scratched the surface of nature’s molecular diversity. This realization, together with several looming health crises, such as antibiotic resistance, has put bioprospecting – the search for useful compounds in nature – firmly back on the map.
D
Insects are the undisputed masters of the terrestrial domain, where the occupy every possible niche. Consequently, they have a bewildering array of interactions with other organisms, something which has driven the evolution of an enormous range of very interesting compounds for defensive and offensive purposes. Their remarkable diversity exceeds that of every other group of animals on the planet combined. Yet even though insects are far and away the most diverse animals in existence, their potential as sources of therapeutic compounds is yet to be realised.
E
From the tiny proportion of insects that have been investigated, several promising compounds have been identified. For example, alloferon, an antimicrobial compound produced by blow fly larvae, is used as an antiviral and antitumor agent in South Korea and Russia. The larvae of a few other insect species are being investigated for the potent antimicrobial compounds they produce. Meanwhile, a compound from the venom of the wasp Polybia paulista has potential in cancer treatment.
F
Why is it that insects have received relatively little attention in bioprospecting? Firstly, there are so many insects that, without some manner of targeted approach, investigating this huge variety of species is a daunting task. Secondly, insects are generally very small, and the glands inside them that secrete potentially useful compounds are smaller still. This can make it difficult to obtain sufficient quantities of the compound for subsequent testing. Thirdly, although we consider insects to be everywhere, the reality of this ubiquity is vast numbers of a few extremely common species. Many insect species are infrequently encountered and very difficult to rear in captivity, which, again, can leave us with insufficient material to work with.
G
My colleagues and I at Aberystwyth University in the UK have developed an approach in which we use our knowledge of ecology as a guide to target our efforts. The creatures that particularly interest us are the many insects that secrete powerful poison for subduing prey and keeping it fresh for future consumption. There are even more insects that are masters of exploiting filthy habitats, such as faeces and carcasses, where they are regularly challenged by thousands of micro-organisms. These insects have many antimicrobial compounds for dealing with pathogenic bacteria and fungi, suggesting that there is certainly potential to find many compounds that can serve as or inspire new antibiotics.
H
Although natural history knowledge points us in the right direction, it doesn’t solve the problems associated with obtaining useful compounds from insects. Fortunately, it is now possible to snip out the stretches of the insect’s DNA that carry the codes for the interesting compounds and insert them into cell lines that allow larger quantities to be produced. And although the road from isolating and characterizing compounds with desirable qualities to developing a commercial product is very long and full of pitfalls, the variety of successful animal-derived pharmaceuticals on the market demonstrates there is a precedent here that is worth exploring.
I
With every bit of wilderness that disappears, we deprive ourselves of potential medicines. As much as I’d love to help develop a groundbreaking insect-derived medicine, my main motivation for looking at insects in this way is conservation. I sincerely believe that all species, however small and seemingly insignificant, have a right to exist for their own sake. If we can shine a light on the darker recesses of nature’s medicine cabinet, exploring the useful chemistry of the most diverse animals on the planet, I believe we can make people think differently about the value of nature.

Questions 14-20
Reading Passage 2 has nine paragraphs, A-I
Which paragraph contains the following information?
Write the correct letter, A-I, in boxes 14-20 on your answer sheet.

14 mention of factors driving a renewed interest in natural medicinal compounds.

15 how recent technological advances have made insect research easier
16 examples of animals which use medicinal substances from nature
17 reasons why it is challenging to use insects in drug research
18 reference to how interest in drug research may benefit wildlife
19 a reason why nature-based medicines fell out of favour for a period
20 an example of an insect-derived medicine in use at the moment
Questions 21-22
Choose TWO letters, A-E
Write the correct letters in boxes 21 and 22 on your answer sheet.
Which TWO of the following make insects interesting for drug research?
A the huge number of individual insects in the world
B the variety of substances insects have developed to protect themselves
C the potential to extract and make use of insects’ genetic codes
D the similarities between different species of insect
E the manageable size of most insects

Questions 23-26
Complete the summary below.
Choose ONE WORD ONLY from the passage for each answer.
Write your answers in boxes 23-26 on your answer sheet.
Research at Aberystwyth University
Ross Piper and fellow zoologists at Aberystwyth University are using their expertise in 23………………………… when undertaking bioprospecting with insects. They are especially interested in the compounds that insects produce to overpower and preserve their 24…………………………. They are also interested in compounds which insects use to protect themselves from pathogenic bacteria and fungi found in their 25………………………… Piper hopes that these substances will be useful in the development of drugs such as 26……………………………..

全訳

リーディングパッセージ2
以下のReading Passage 2に基づいたQuestion 14-26に約20分かけてください。
新薬を見つけるために虫を救う
動物学者のロス・パイパーは、製薬研究における昆虫の可能性に注目している
A
想像以上に多くの薬が、生物に含まれる化合物に由来したり、その化合物からヒントを得たりしています。自然の力を借りて病気を治すことは、何万年も前から行われてきました。毒素を出すヤスデで体をこすって蚊を寄せ付けないオマキザルや、有害な森の植物で腸内寄生虫を駆除するチンパンジーなど、他の霊長類を見れば、私たちの古代の祖先も医学の基本を理解していたことがわかります。
B
製薬科学と化学は、これらの古代の基礎の上に構築され、これらの天然産物の抽出、特性化、修飾、および試験を完成させました。しかし、その後しばらくの間、現代の薬学は、自然から離れて実験室で一から化合物を設計するようになりました。このシフトの主な原因は、自然界には有望な化学物質がたくさんあるにもかかわらず、それらを見つけることが決して容易ではないことです。自然界には有望な化合物がたくさんありますが、それを見つけるのは簡単ではありません。対象となる生物の数を十分に確保すること、目的の化合物を分離して特性を明らかにすること、そしてその化合物を大量に生産することは、いずれも大きなハードルです。
C
実験室ベースの創薬は様々な成功を収めてきましたが、現在は再び天然物に焦点を当てた新しいアプローチの開発が求められています。ゲノムから有用な化合物を探し出すことができるようになった今、私たちは自然界の分子の多様性の表面にまだ触れていないことが明らかになりました。そして、抗生物質耐性などの健康上の危機が迫っていることもあり、自然界に有用な化合物を探す「生物資源調査」が再び注目を集めている。
D
昆虫は、可能な限りあらゆるニッチを占める地上領域の紛れもない支配者である。そのため、他の生物との相互作用も非常に多様であり、その結果、防御や攻撃を目的とした非常に興味深い化合物の進化が促されてきました。昆虫の驚くべき多様性は、地球上の他のすべての動物グループを合わせたものを上回る。しかし、昆虫は現存する動物の中で最も多様性に富んでいるにもかかわらず、治療用化合物の供給源としての可能性はまだ実現されていない。
E
これまでに調査されたごく一部の昆虫から、いくつかの有望な化合物が同定されている。例えば、クロバエの幼虫が作り出す抗菌化合物であるアロフェロンは、韓国やロシアで抗ウイルス剤や抗腫瘍剤として使用されている。他にも数種の昆虫の幼虫が生産する強力な抗菌化合物の研究が行われている。また、Polybia paulistaというスズメバチの毒から抽出した化合物は、がん治療に役立つ可能性があります。
F
これまで昆虫があまり注目されていなかったのはなぜですか?第一に、昆虫の数は非常に多く、何らかの方法でターゲットを絞らなければ、この膨大な種類の生物を調査することは困難なことです。第二に、昆虫は一般的に非常に小さく、有用な化合物を分泌する体内の腺もさらに小さい。そのため、その後の試験に必要な十分な量の化合物を得ることが困難になります。3つ目は、昆虫はどこにでもいると思われているが、実際には極めて一般的な数種類の種が膨大に存在しているということである。多くの昆虫種は、遭遇する機会が少なく、飼育するのが非常に難しいため、やはり材料が不足してしまうのです。
G
イギリスのアベリストウィス大学の同僚と私は、生態学の知識を参考にして、努力の対象を絞るというアプローチを開発しました。私たちが特に興味を持っているのは、強力な毒を分泌して獲物を制圧し、新鮮な状態で食べられるようにする多くの昆虫たちです。また、糞や死骸のような不潔な場所で、何千もの微生物の挑戦を受けることを得意とする昆虫もいます。これらの昆虫は、病原性細菌や真菌に対処するための多くの抗菌化合物を持っており、新たな抗生物質の役割を果たしたり、インスピレーションを与えたりする化合物が数多く見つかる可能性があることを示唆している。
H
博物学の知識は正しい方向を示してくれますが、昆虫から有用な化合物を得るための問題を解決することはできません。幸いなことに、現在では昆虫のDNAのうち、興味深い化合物のコードを持つ部分を切り取り、それを細胞株に挿入して大量に生産することが可能になっている。望ましい性質を持つ化合物を分離し、特性を明らかにしてから商業製品を開発するまでの道のりは非常に長く、落とし穴も多いが、動物由来の医薬品がさまざまな形で市場に出回っていることは、このような前例があることを示しており、探求する価値があると思う。
I
原生林が失われるたびに、私たちは薬の可能性を失っている。画期的な昆虫由来の医薬品の開発に協力したいのはもちろんですが、私がこのように昆虫に注目する一番の理由は、自然保護です。どんなに小さくても、どんな種でも、その種のために存在する権利があると私は信じています。地球上で最も多様な動物の有用な化学反応を探り、自然の薬箱の暗い部分に光を当てることができれば、自然の価値について人々に違った考えを持ってもらえると信じています。

質問 14-20
リーディングパッセージ2には9つの段落があり、A~I
どの段落に次の情報が含まれていますか?
解答用紙の14~20の欄に、A~Iの正しい文字を記入してください。

14 天然の薬用化合物への新たな関心を促す要因について言及している。

15 最近の技術の進歩により、昆虫の研究がどのように容易になったか。
16 自然界の薬効成分を利用している動物の例
17 昆虫を用いた創薬研究が困難な理由
18 薬物研究への関心が野生動物のためになることへの言及
19 自然界の薬が一時期流行らなくなった理由
20 現在使われている昆虫由来の薬の例
質問21-22
A~Eのうち2つの文字を選んでください。
解答用紙の21と22の欄に正しい文字を記入してください。
次の2つのうち、昆虫が医薬品の研究に適している理由はどれですか?
A 世界には膨大な数の昆虫が生息している
B 昆虫が身を守るために開発した様々な物質の存在
C 昆虫の遺伝子コードを抽出して利用できる可能性があること
D 異なる種の昆虫の間の類似性
E ほとんどの昆虫が扱いやすい大きさであること

質問 23-26
以下の要約を記入してください。
それぞれの答えには文章中の単語を一つだけ選んでください。
解答は、解答用紙の23~26の欄に記入してください。
アベリストウィス大学での研究
ロス・パイパーとアバリストウィス大学の動物学者たちは、23………………………… の専門知識を生かして、昆虫を使った生物調査を行っている。彼らが特に興味を持っているのは、昆虫が相手を圧倒したり保存したりするために生成する化合物である24…………………………. また、昆虫が体内に存在する病原性細菌や真菌から身を守るために使用する化合物にも興味を持っています。25………………………… パイパーは、これらの物質が26…………………………….. のような薬剤の開発に役立つと期待しています。

注意すべき単語

  • primate
    霊長類
  • filfy
    汚れた
  • pitfall
    隠れた危険
  • pharmaceutical
    製薬の, 薬剤の
  • derived from
    ~から生じる、~に由来する
  • compound
    化合物、混合物、 合成物
  • soothing
    気持ちを落ち着かす、痛みを和らげる
  • aliment
    病気
  • snip out
    ちょきんときる
  • primate
    霊長類
  • rub
    こする
  • toxin-oozing
    毒素の毛細血管性出血
  • millipede
    ヤスデ ((倍脚綱の虫))
  • deter
    …を思いとどまらせる, やめさせる
  • noxious
    有毒な
  • grasp
    つかむ
  • extraction
    抽出
  • in nature
    実際は
  • secure
    確保する。
  • molecular
    分子の
  • antibiotic resistance
    抗生物質に対する抵抗、抗生物質(に対する)耐性◆抗生物質がきかなくなること
  • prospecting
    探鉱
  • dispute
    論争
  • terrestrial
    陸上の, 陸生の範囲
  • bewildering
    当惑させる。うろたえさせる。
  • potent
    効能がある
  • venom
  • gland
    腺(せん)
  • secrete
    分泌する
  • ubiquity
    至る所にある。
  • captivity
    監禁状態
  • subdue
    征服する
  • carcass
    死骸
  • desirable
    望ましい
  • precedent
    前例
  • deprive
    奪う

 

ebinstein
ebinstein

初めて解いた時は、なんだか無茶苦茶街がいたのですが、今思うとかなり解きやすい問題だなぁと思いました。たぶん、1回目の時は全く力がなかったんだなあと深く反省するとともに、2回目は力が確実についてきたという自信にもなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました