サントリーの紅茶「Pekoe」

英語学習

英語を勉強していると発音で「短縮」があると思います。この短縮聞き取るのも難しいが、発音するのも難しいです。

まるで早口言葉みたいに感じる時もあります。

実際の英語での早口言葉は中高の授業で先生が教えてくれたりしましたよね。

She sells sea shells by the seashore.

でも、昭和の人間にはもっと有名なのがあります。

私も中学の時に真似したいた記憶があります。

スポンサーリンク

サントリーの紅茶「Pekoe」(ピコー)

サントリー「PEKOE」1
Peter paid the piper to pick some pickled peppers,
so merry we will go, so merry we will go.
Shelly’s selling seashells, she sells them by the seashore,
so merry we will go, so merry we will go.
Timmy tell the teacher, a tick a tock it’s tea time,
so off and tallyho, so off and tallyho.

昭和の思い出

平成は「ゆとり世代」と言われ、そして今は「令和」。

時代は過ぎ去って行きますが、我々親父には昭和は忘れられないたくさんの思い出が詰まった時代です。

このCMも大切な青春時代「昭和」を思い出させてくれます。

この紅茶、再発売してくれないかな。

日本中の昭和に人間が再発売を待ち望んでいると思いよ、きっと。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました