シャドーイングは効果あり!

英語学習
ebinstein
ebinstein

こちらの記事では、かつて英語学習に悩んでいた僕が、さまざまなアプリや本などの手法を試して最後にたどり着いた、とっておきの英語学習法(シャドーイング)を紹介しています。英語を少しでも話しせ流ようになりたいを人のお役立てできる内容ですよ!

どうも、英語学習中の@Ebinsteinです。

英語を学習する時に、音読や多読など様々な方法があります。私も数々の学習方法を試してきました。

そんな中でもとっておきなのは今回紹介するシャドーイングです。

スポンサーリンク

シャドーイングとは

英語の学習方法として、特にリスニングの強化方法として「シャドーイング」はかなり有名だと思います。(私が学生時代にはこんな方法はなかった涙)

しかしその一方で、いまいちやり方が分からないという人も少なくないと思います。

そのシャドーイングの正しいやり方と時間をどれくらいかけて行なっているのかをお話ししたいと思います。

シャドーイングの正しいやり方

シャドーイングの正しいやり方は、音声の後すぐに発音し音声の後をどんどん追いかけて行くんです。(わかりにくいかな笑)

音楽でいう「輪唱」ですね。音声のすぐ0.5秒〜1秒後を追いかけて発音していきます。

シャドーイングの教材は数あれど、わからないまま行っても意味がない。

私が頻繁に勉強させてもらっている有名なAtsueigoさんのyou tube動画を紹介したいと思います。

特にこれからシャドーイングを始める初心者の方や、TOEFL、IELTS、英検などの検定を受けるに人にも参考になると思います。

シャドーイングはどうやって行う?これでTOEICとIELTSのリスニングで満点獲得!

私はこの@atsueigoさんの動画を見てシャドーイングを勉強しました。でも慣れるまでかなりの時間がかかりました。そして、サボるとすぐに忘れる。そして、また慣れるまでやる。の繰り返しでした。

しかし、このシャドーイング、デメリットは慣れるまで時間がかかることぐらいしかなく、良いことしかない気がします。

良いことばかりのシャードイング、その効果ベスト3

①聞き取れていない単語が分かる

英語独特の音声変化、特に弱系が聞き取りにくいと思います(私だけか?)

シャドーイングを行い、スクリプトで確認すると、これがすごい勢いで単語を飛ばしていることがあります。スタディサプリの内容理解の問題とかでは特に問題ないかもしれませんが、本当にネイティブとストレスなく話したり、海外大学の授業を理解するのであれば小さな音まで聞き取れることが必要になってきます。

②正しいイントネーションが身につく

音声の後を追って発音するので、正しいイントネーションで発音することができます。これはできるだけネイティブの真似をしていくのが英語上達のコツだと思います。

③英語独特の音の変化、発音していない音が分かる

どうしても聞き取れない音があり、職場で隣の席に座っているカナダ人に聞いたところ「この単語は発音されていない。」とのこと。初めての時は「何だと!マジか。何回も聞いたのに」って思いましたね。

で、その聞こえない音はどうやって理解しているかというと、「僕たちはいつも文法で補っている。」とネイティブは教えてくれました。

「何じゃ、そりゃ!」って感じです。英語の先生の中には、「聞こえているよ」っていう人もいます。でも嘘だったんですね。先生の言葉は・・・

実際の勉強時間は

シャドーイングにかなりの時間を割いています。

TOEFLやTOEC,IELTSの復習の際には、今では大問一つについて30分から1時間くらいかけてシャドーイングしています。(初めはもっとかかっていました。)

ただ発音するだけだと、もっと早時間で終わらせることができます。大学受験なとで切羽詰まってたら早く終わらせたんだろうな、と思ったりします。

でも、文法きちんと押さえたり、イントネーションをネイティブのようになるように頑張ってると普通に1時間くらいはかかってしまいます。

でも、このシャドーイングのおかけで随分とリスニング力が上がりましたし、いっぱい話しているんでスピーキングの力も上がったと思います。多少なりとも隣に座っているカナダ人とよく話している事もあると思います。が、シャードーイングでスピーキングの力が上がっていること間違い無いと思います。

海外映画などでも行っています。

海外映画やドラマを観たり、子供にトーマスやセサミストリートを見せたりしています。でも自分が楽しめないと!と思い、知らん顔して普通に英語で見せたりすることがあります。その時に、私も隣で観ているわけですが、ただ観ているだけだとつまらない。

そんな時、シャドーイングしてます!(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました